ブログ

臨床医学研究会inファティリティクリニック東京


6月28日(水)に日本最高峰の不妊専門クリニックである

ファティリティクリニック東京さんの院内見学&研修会に参加してきました。

高度に安全管理させた不妊治療と世界トップクラスの培養室を備え、

患者さん一人一人の心に寄り添う不妊治療をされているクリニックです。

このような素晴らしいクリニックでの研修はなかなかできないので、

期待に胸を躍らせながら参加させていただきました。

 

培養士の先生に、世界トップクラスである培養技術と

その安全性へのこだわりについてご講義頂きました。

Piezo ICSI、タイムラプスシネマトグラフィー、アシステッドハッチングなど

その高度な培養技術について分かりやすくご説明頂きました。

小田原院長には、「ART 今必要とされていることは?」と題して

現在取り組まれている不妊治療に関して、貴重なデータも織り交ぜながら

非常に濃密なご講義を頂きました。

また、不妊治療に対する漢方薬の必要性も示唆されていました。

 


院内見学では、普段見ることの出来ない培養室の中まで見せて頂きました。

培養器やPiezo ICSIの機器、その手技に関わることなど

詳しい説明を頂きながら見学させていただきました。

始めて実際に目にするモノばかりで、

細辛の医療技術を肌で判じることができました。

 

小田原院長との一問一答による質疑応答という非常に貴重な時間も設けて頂きました。

限られた時間の中でしたが、次から次へと質問が行われる中、

その質問一つ一つに対して丁寧にご回答いただきました。

有り難いことに、私も質問されていただくことができましたので、

私自身の不妊相談経験の中で気になっていることや、

患者さんからお預かりした質問をさせていただきました。

(小田原院長への質問とその回答に関しては、後日ブログに載せます)

 

懇親会も含めて4時間半ほどの時間ではありましたが、

ここ最近体験したことのない非常に濃密で勉強になる時間を頂けました。

実際に不妊治療の現場を身を持って体感し、

ホスピタリティ溢れる小田原院長にお会いすることができ、

ファティリティクリニック東京さんの不妊治療の質の高さを体感することができました。

こうした経験は、文献や講演などでの勉強とはまた違い、

得られるものが沢山ありました。

この経験はこれからの小谷薬局の不妊相談・子宝相談へ活かしていきます。

 

お忙しい中ご対応いただきました小田原院長を始め培養士の先生、スタッフの皆さま

本当にありがとうございました。

 

前橋の漢方専科 小谷薬局