ブログ

30代からは精子の老化に注意!?

NHK クローズアップ現代+において
「男にもタイムリミットが!?~精子“老化”の新事実~」
が放送されていました。

欧米の男性の精子の数がこの40年で半減したという研究結果が発表され、
精子の減少という問題が世界的に注目されてきているとともに、
精子の老化という新たなリスクも明らかになってきているという内容でした。

「精子の老化」
なかなか聞きなれない言葉でした。
最近の研究では、見た目が元気な精子でも受精卵に細胞分裂を促す力がない精子があるそうです。
この細胞分裂を促す力の衰えが精子の老化
精子の中のDNAの損傷が原因の一つと考えられています。
DNA損傷の原因として考えられているのが
【環境の変化】【ライフスタイルの変化】です。

精子の量が十分にあり、運動率や奇形率に問題がなくても
精子の老化(DNAの損傷)という新たなリスクが明らかになってきています。
現代医学でもはっきりとした原因や根本的な治療法は確立していません。
しかし、環境やライフスタイルが影響すると考えられています。
逆に考えれば生活環境やライフスタイルを見直せば、精子の老化も改善する可能性があります。

不妊の原因が自分の精子にあるのかも・・・
男性は目を背けたくなります。
しかし、不妊の原因の半分は男性側にあることは分かっています。
まずは自分の状態をしっかりと把握することが大切です。
そして、少しでも早く赤ちゃんに会うためには
女性だけでなく、男性も身体の状態を整えることが必要です。

「いつまでも男の場合は精子さえいれば子どもができるかといえば、そうはいかない。」

精子も老化します。
しっかりと生活を見直していきましょう!

前橋の漢方 小谷薬局