ブログ

バレンタインデー 妊活中はチョコの食べ過ぎに注意を

本日、2月14日はバレンタインデーですね。
バレンタインデーの始まりは、バレンタイン司祭の死を追悼する宗教的儀式だったようです。
14世紀頃から、愛の告白やプロポーズの贈り物をする日になっていったようです。
チョコレートをあげる習慣になったのはのは、日本のお菓子業界が火を付けたと言われています。

今年は老舗チョコメーカー・ゴディバジャパンが
「日本は、義理チョコをやめよう。」
というキャッチコピーの入った広告を掲載し話題になりました。
義理チョコ=義務チョコになっていたらあげる方も、貰う方も負担になるだけかもしれませんね。
でも義理チョコでも感謝や尊敬などといった気持ちが入っていれば、
あげても貰ってもうれしいものですね。
沢山もらう方はお返しが大変なのかもしれませんが(^-^;

さて、チョコレートはカカオに含まれるポリフェノールが話題になり、
健康食という一面も持っています。
しかし、脂質や糖分も多く含んでいるので、間食という一面もあります。
血糖値を気にしている方
花粉症やアトピーなどアレルギー症状に悩まれる方
血圧が高めの方
メタボリックシンドロームの方
妊活中の方などは、
チョコレートの食べ過ぎには注意しましょう。

妊活中の方は血糖値が急激に上昇するような食事には気を付ける必要があります。
血糖値と卵子の質には相関性があると言われています。
血糖値が高い状態が続いたり、血糖値がグンと上がることが多いと
卵子の質の低下しやすいのです。
単純な糖ほど吸収されやすく、血糖値がグンと上がります。
ケーキ、チョコレート、お菓子、ジュース、炭酸飲料、果物などは
吸収されやすい糖を含んでいます。
なので、妊活中の間は上記の食べ物は避けた方が良いと言えます。
血糖値の上がりやすさを示す指標・GI値も目安になります。

とは言え、好きなものを我慢するのは辛いものです。
妊活中、でもチョコレートが好きという方は
【ドクターズチョコ】がおススメです。

砂糖不使用・低GI(低糖質)・低カロリーのプレミアムベルギーチョコです。
妊活中の方はもちろん、糖質や食事の制限がある方にもおススメです。
心にも身体にも、「優しさ」の入ったチョコはいかがでしょうか?

ドクターズチョコレート ミルク 583円(税込)
ドクターズチョコレート ダーク 583円(税込)
サクッtoCOBARA        432円(税込)

 

前橋の漢方 小谷薬局