ブログ

8月7日は鼻の日 エアコンから鼻・のどを守りましょう

本日は涼しいですね。
ここ最近の暑さを思うとウソのように過ごしやすく感じます。
前橋は5日(月)の最高気温が39.1℃
6日(火)の最高気温が34.8℃
そして、7日(水)の最高気温が26℃(予想)
いくら涼しいとはいえ、これだけ気温差があると
身体が対応していくのも大変です。
また暑さは戻ってくるようですから、
体調を崩さないように用心しておきたいですね。

さて、本日8月7日は『鼻の日』です。
今年の夏は酷暑が続いているだけに、エアコンも例年以上に大活躍しています。
・冷房による室内外の激しい温度差
・エアコンに含まれる微細なホコリやカビ
・空気の乾燥
こういったことが原因で鼻・のど・呼吸器にトラブルを抱える方が増えています。
テレビでも話題に上がっている「エアコン咳」もその一つですね。

エアコンを長時間使うことで、鼻は直接冷気という「刺激」を受けます。
鼻や気管支の粘膜がダメージを受け「エアコン咳」につながります。
3週間以上も咳が長引く場合や、ひどい場合には咳から喘息に移行するケースもあります。

そうならない為にもしっかりと予防もしておきましょう。
予防法も色々あると思いますが、漢方で考える予防の一つに、
「鼻やのどの潤いを保つ」ことがあげられます。
杏仁・桔梗・枇杷の葉・余甘子・銀耳・麦門冬といった
肺などを潤してくれる生薬でお茶を作り、
こまめに服用することで予防につながります。
手軽に服用できる粉末スティックタイプの漢方もありますので、
これをペットボトルに溶かしてお茶代わりに飲むのも有効です。

今年の夏はまだまだ暑くなりそうですので、
暑さに対する熱中症対策だけでなく、
エアコンに対する鼻・のど対策もしっかり行っておきましょう(^O^)/

前橋の漢方 小谷薬局