ブログ

秋雨前線と頭痛

【秋雨前線と頭痛】

秋雨前線の影響により、全国的にパッとしない天気になっています。
何だかどんよりして気分も晴れないですね。
「暑さ寒さも彼岸まで」
というように、ここのところ暑さは落ち着き、
だんだんと朝晩に寒さが顔を出しています。
風邪も少しずつ流行ってきています。
早いところではインフルエンザも報告されているようです。
やっぱり予防の基本は手洗い・うがい!
外から帰ってきたら多少面倒くさくてもやりましょうね~

さて、天気が悪くなると頭痛が起きるという方が多くいらっしゃいます。
一概に「天気が悪くなる」といっても大きく2つのタイプに分けられます。

①曇りや雨が続くと具合が悪くなるタイプ
このタイプの方は周りの湿気が体内で悪さをしています。
漢方的には「湿邪」と言います。
周りに湿気が多いので、身体の中にも湿気が多くなる。
湿気だから水を含みます。
重くなる感覚です!!
だから、【重だるくなる】これが特徴的。

症状を改善するには身体から余分な湿気を抜いてあげましょう。
・お風呂にゆっくりと浸かる
・運動をして汗をかく
・小豆・きのこ類などを身体の湿をとる食材を食べる

②天気が悪くなりそうになると具合が悪くなるタイプ
このタイプの方は気圧が関係しています。
「気象病」というやつですね。
気圧が低くなると、筋肉中に保たれている水分が
筋肉外に引っ張り出されます

この筋肉から漏れた水分が悪さをします。

筋肉は身体の中で最大の保水器官なので、
・筋肉量が少ない人
・筋肉が細い人
などが気象病になりやすい傾向にあります。
このタイプの方は身体の水を外に出そうとしても
症状が改善しないことが多いです。
もともと筋肉中に保たれていた水なので、
筋肉中に戻すことが必要になるのです。

症状を改善するには、筋肉をつける必要があります。
・お肉・お魚・大豆製品などタンパク質をきちんと摂る
・スクワットなどの筋トレやウォーキングなどで筋肉を動かす
筋肉がつくと保水するチカラが高まるので、
低気圧でも水が漏れにくくなります。

ただ、筋肉がつくには時間がかかるので、
今起こっている気象病の症状を改善するのにおススメな食材が
「シナモン」です。
シナモンには温める・流れを腸調節する作用があります。

食欲の秋・運動の秋・読書の秋・・・
秋には楽しいことが沢山!!
秋雨前線なんかに負けないように準備しましょうね~
どうしても辛くなったら漢方で何とかしますよ(^O^)

前橋の漢方 小谷薬局