症例紹介

腰から下の冷えと痛み 症例


40代女性 前橋市在住

数年前から腰からふくらはぎにかけての強い冷えの症状

また、冷えの症状に伴って、おしりから太ももにかけて痛みも現れるようになりました。

午前中は調子が良いですが、午後~夕方にかけて痛みが強くなります。

痛む部位は常につっぱる感じがあり、ズキズキと痛みます。

夜寝るときが冷え・痛み共に症状が辛く、

ひどい時は痛みで眠れないこともあります。

病院で冷えの改善の為の漢方薬を処方してもらい、

処方内容も変えながら1年半ほど服用していますが、一向に冷えの改善が見られません。

 

真夏でもズボン下を履かないと眠れないほど冷えが強い方です。

クーラーや扇風機に当たると冷えや痛みの症状が強くなるので、

ほとんど利用されていません。

 

痛みの原因は色々ありますが、この方の場合は冷えの症状と

痛みの症状に相関性がみられるようだったので、

冷えの改善を主とした煎じ漢方を服用して頂きました。

2週間ほどで痛みの改善が見られました。

ご本人の実感では痛みは半分ほどになったと。

しかし、冷えに関しては変化が見られませんでした。

 

処方内容を見直し、生薬分量の調整行いました。

4週間ほど経つと、冷えの度合いも半分くらいなりました。

足全体に感じていた冷えも、ふくらはぎが少し冷える程度に。

昨年の夏と比べてもかなり楽に過ごせていると喜ばれていました。

今年の冬を楽に過ごせるよう、さらなる改善を目指して漢方を続けられています。

 

夏は気温も高いので、冷えの改善には向いている季節と言えます。

長年の冷えに悩んでいる方・病院で漢方を処方されているけどなかなか改善しない方

一度「煎じ漢方」を是非実感されてみて下さい。

 

漢方相談・子宝相談・冷え症相談

前橋の漢方 小谷薬局