ブログ

今年最後の漢方勉強会

先日、月に1度の漢方研究会kampo  Lab. collageに参加してきました。
12月は休会なので、11月の今回が今年最後のレッスンでした。
今回のレッスン内容は、
夏休みの課題「症例に基づいた病態の可視化」
この各自の課題内容について皆で検討を行いました。

・小児の鼻血

・非結核性抗酸菌症(肺MAC症)の高齢者の咳嗽

・臨床で考える瘀血

・胃の熱感を伴う胃痛

・気象病を伴う手の震え

・実熱ではない更年期のホットフラッシュ

・上衝について

・泄瀉の症例

といった内容でした。
各自の臨床に則した課題の内容がとても勉強になりました。
「病態の可視化」これがきちんとできると、
臨床で患者さんを改善する方法が明確になっていきます。
今回の勉強会はその一端が見えてきたような気がしました。

今年一年も早いものであと1カ月足らずです。
自分がこの一年でどれだけ成長できたのか・・・
具体的な指標がないのでなかなかはっきりとは分かりません。
しかし、一歩ずつ前に進んでいるのは確かだと思います。
まだまだ臨床力は未熟な部分が多いですが、
少しでも小谷薬局の漢方が皆さんのお役に立てるように
一歩ずつ前に進んでいきたいとおもいます。

前橋の漢方 小谷薬局