ブログ

気が回らない

春の七草に「すずしろ」があります。

これは大根の別名です。

大根にはでんぷんを分解する消化酵素を豊富に含まれ、

胃酸の分泌を促進する作用もあります。

薬膳では、寒さやストレスで滞った「気」の巡りを整える働きに優れるので

「気滞」を改善する食材としても活用されています。

大根の種子は漢方薬にも使われています。

 

気滞とは「気が回らない」状態のことです。

人の呼吸は「どうしよう」と思った瞬間に浅くなります。

そしてそれまで順調だった気の分配に乱れが生じます。

その乱れた状態が「気滞」です。

 

しかも瞬間的な「どうしよう」が慢性的な「気がかり」になると、

めまい・肩こり・不眠などの症状や、

「そこまで気が回らない」

「気が利かない」

「気のゆるみ」

といった思考の低下にもつながっていきます。

 

また寒さでも気の働きは鈍くなります。

腰痛など冷えて痛みが出る時も、患部は「気滞」になっています。

 

そんな「気滞」の状態を改善する生薬が麝香(じゃこう)です。

香は雄のジャコウジカの腺分泌物で、全身の気の巡りを整える作用があります。

気の巡りを整えて、健やかで「気楽」に過ごしましょう。