ブログ

春の耳鳴り

前回は春のめまいについて書きましたが、

春は耳鳴りで悩まれる方も多い時期です。

春の耳鳴りの特徴は、

・キーンと高い音がする

・静かな時に耳鳴りが気になる

・何かに集中している時は気にならない

です。

ちなみにジーとセミが鳴くような耳鳴りは、

体力の消耗や老化からくる耳鳴りなので、

今回の春の耳鳴りとは別と考えます。

 

こうした春の耳鳴りの大きな原因は自律神経にあります。

漢方では春は「肝」と関係が深い時期です。

肝はストレスに敏感な臓です。

春は肝のエネルギーが増大するので、

その分きちんと制御しなければいけません。

また、自律神経との結びつきも強い臓でもあります。

この「肝」に不調をきたすと出てくる症状の一つが耳鳴りです。

 

気候の変化など外的環境のストレスや

環境の変化、人間関係の変化など内的環境のストレス、

冬に身体を冷やし過ぎて、内側にこもってしまった熱

体力低下によるストレスへの抵抗力の低下

などが引き金になります。

 

そんな春の耳鳴りには、

肝の失調により巡りが悪くなった気を巡らす

「疏肝理気剤」

身体の内側にこもった熱を外に逃がす

「牛黄」

などを使用します。

 

なんだが耳鳴りが気になり始めたら是非ご相談ください。