ブログ

2月3日(日)は節分 豆まき・恵方巻の意味とは?

こんにちは。石井です。

2月3日(日)は節分です。
節分とは何をする日かご存知でしょうか?
「豆を撒いて鬼を祓う」
「年の数だけ豆を食べる」
「恵方を向いて恵方巻を食べる」
節分の習慣となる行事は色々ありますね。

「節分」とは「季節を分ける」という意味があります。
春夏秋冬の始まりの日「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
この春夏秋冬が始まる前日が「節分」です。
2月の節分が有名ですが、1年に4回あるんですね。

節分の豆まきは中国から伝来した風習です。
季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられ、
その邪気(鬼)を祓う儀式として始まったようです。
立春は旧暦でお正月にあたりますから、
新年を迎える大切な日として2月の節分が庶民にも定着していったようです。

また節分は、旧暦の立春=お正月の1日前ということで
「大晦日」のように考えられていました。
火で炒り、邪気を払った豆は『福豆』と呼ばれ、福を年の数だけ身体に取り入れることで
「次の年も健康で幸せに過ごせますように」と願ったようです。
福豆は数え年で1つ多めにいただいたりしますが、
これは次の年が健康で幸せに過ごせますようにという
願いが込められているためだと言われています。

恵方巻は元々関西地方の一部で続いていた習慣のようですが、
コンビニエンスストアが商品として扱ったことがきっかけで全国に広まったようです。
どおりで前橋では全然馴染みがないわけですね。
恵方とは、その年の福を主る神様「歳徳神(としとくじん)」のいる方角を指します。
2019年の恵方は【東北東】です。やや東を向くとなお良いようです。
恵方を向いて一本丸ごと食べることで、無病息災や商売繁盛の運を「一気にいただく」
という意味があります。
途中で止めてしまうと「運を逃がす」とも考えられています。
なかなか太巻き一本を一気にいただくのは大変ですね。

節分の本来の目的が分かると
豆まきや恵方巻にもより気持ちが入りますね(^^)/

お読みいただきありがとうございます。
前橋の漢方 小谷薬局