ブログ

日光浴には身体に良いことがいっぱい

こんにちは。石井です。
今日は日差しがポカポカと温かいですね。
こんな日は日光浴が気持ちいいです。
日差しを浴びながらちょっと一息・・・
リフレッシュにもなりますね。
日光浴には身体に良いことが沢山あるんです。

①ビタミンDが体内で合成される
ビタミンDは骨の健康に欠かせないビタミンです。
食品からも摂取できますが、日光を浴びることでも体内で合成されます。
・食物からのカルシウムの吸収を促進
・血液中のカルシウム濃度を一定に保つ
このような働きがあるので、
骨量を保ち、骨粗鬆症を予防するには必須のビタミンです。

②メラトニンの分泌が抑制させる
メラトニンは快眠ホルモンとも言われる神経伝達物質の一つです。
トリプトファンというアミノ酸から合成されますが、
メラトニンがきちんと分泌されることで質の良い睡眠につながります。
日光はこのメラトニンの分泌を抑制します。
昼間はあまり必要ないですからね。
抑制されても15時間ほどで再分泌されるので、夜にしっかりと眠くなります。
だから朝に日光浴びることが大切なんですよ。

③セロトニンの分泌を促す
セロトニンは自律神経のバランスを調整する神経伝達物質です。
15分以上日光を浴びることで分泌が促されます。
セロトニンがしっかりと分泌されると
ストレス解消、集中力アップ、気持ちが明るくなる、やる気が出てくるなどの効果があります。
また、体内時計も整えてくれますよ。

④免疫力を向上する
日光浴にはがん細胞の増殖低下作用があるとも言われています。
また、日頃の風邪予防も期待できますね。

おおよそ15分~30分ほど日光を浴びると上記の効果が期待できます。
日光を積極的に浴びすぎても皮膚に負担がかかりますので、適度な時間がいいですね。
この時期だったら一駅手前で降りて歩くとか、
いつもより15分~30分早めに起きてウォーキングするなどがおススメです。
やっぱり朝に浴びることが大切ですからね。
朝のやる気スイッチを入れるきっかけにもなりますね。
まだまだ寒暖差が大きいですが、
ちょっとポカポカしている日には是非日光浴で
身体をリフレッシュさせてあげて下さい(^^)/

お読みいただきありがとうございます。
前橋の漢方 小谷薬局