ブログ

子どもの名前を「画数」にこだわらずに付ける方法

こんにちは石井です。
名前についてのブログです。

突然ですが、ご自身の名前の由来ってご存知ですか?

妊活の相談をされる方には必ずご自身の名前の由来を聞きます。
名前って色々なことを考えて付けますよね。
画数だったり、漢字だったり、音の響きだったり、誰かの名前に由来があったり・・・
本当に十人十色だと思います。
そしてやっぱりそこには名前を付ける方の「想い」が必ず入っていると思うんです。
元気に育ってほしいとか、素直な子になってほしいとか。
その想いを込めて名前を付けると思います。

ちなみに僕は正久と言います。
この名前は父が尊敬する人に付けてもらったと聞いています。
「久」の一字はその方から頂いたようです。

僕の場合、込められた想いは「正しい道を進んでほしい」ですかね。
自分が付けたわけではないのであくまで想像ですが。
ご自身の名前の由来を知ると、そこに込められた想いを感じることができますよね。
赤ちゃんに名前を付ける時にも色々な想いを込めると思います。
だからこそ、ご自身の名前に込められた想いも感じていただきたいので、
お名前の由来を聞いています。

僕には3人の子どもがいます。
名前は、柚奈(ゆな)、栞奈(かんな)、李久(りく)です。
画数には全くこだわりませんでした。
ただし2つだけルールを決めて、そのルールに基づいて名前を考えました。
ルール1 女の子は奥さんの名前から、男の子は僕の名前から一文字とる
ルール2 植物の漢字を入れる
以上です。

名前の中に植物が入ると、自然を取り込んだようで
優しいイメージが浮かぶのでそうしました。
「奈」は奥さんから、「久」は僕からとった一文字です。
これが決まっていると、全くの白紙から名前を考えるりスムーズでした。
名前の音だけ最初に決まって、そこに入る漢字を考えていきました。
「柚」は、ゆず。
花言葉は「健康美」「汚れなき人」など。
柑橘系で爽やかな感じもするので、健康でハツラツと育ってほしい。

「栞」は、しおり。カンナという花もあります。
20世紀少年という漫画の登場人物でカンナという女性がいます。
凄くさっぱりしていてたくましいキャラクターです。
そこから取りました。

「李」は、すもも。
桃李成蹊(とうりせいけい)という四字熟語があります。
「桃や李は何も言わなくてもその美しさで人が寄ってくる」が転じて、
徳のある人は何も言わなくても人が集まってくるという意味です。
周りに人が集まるような魅力をもった人になってくれたら。

それぞれこのような想いを込めました。
これから名前を付ける方の何かの参考になれば幸いです。

是非ご自身の名前の由来、そこに込められた想いを調べてみてくださいね。
お読みいただきありがとうございます。

石井正久