ブログ

漢方が吐くほど不味く感じて飲めない時には

美味しく感じたら、続けましょう。
美味しくも不味くもない、不味いけどまぁ飲めるようなら続けましょう。
吐きそうなほど不味く感じたら、止めましょう。

こんにちは石井です。
漢方って美味しくないというイメージないですか?
もちろんすごく美味しいですよとは言いませんが、
それほど不味くもないんですよ。
「身体に合ってさえいれば」
ここが重要なんです。

漢方は身体に合っていると美味しく感じると言われます。
例えば風邪のひき始めの時に飲む漢方で有名な葛根湯
身体がゾクゾクと寒気がして、背筋が強ばって、頭痛がするようなそんな時に飲むと美味しく感じるんです。
でも元気な時に飲むと不味くて飲めない
つまり美味しく感じる=身体が欲している
不味く感じる=身体が欲していないということです。

実際に漢方相談の際でも、生薬の味や香りを確認してもらって、
その上で処方を考えます。
この時点で香りが受け付けないものを使った処方を飲んでもらっても
本当に効果が出にくいです。

現在飲まれている漢方が、
・美味しく感じている
これは身体に合っていると思われるので続けて大丈夫です

・美味しくも不味くもない
「美味しい」は、あくまで身体に合っているかどうか判断する目安の一つなので、
美味しくなくても続けて大丈夫です

・不味い、でも飲める
不味くでも飲めるくらいなら続けて大丈夫です

・吐きそうなほど不味くて飲めない
これは身体に合っていない可能性があります。
漢方の処方元にちゃんと伝えた方が良いです

漢方を選ぶ上で味や香りはとても重要です。
味に関しては実際に飲んでみないとわからない部分もあります。
飲み始める際は、味の確認ができると一番良いです。
漢方を飲む際に是非、味も気にしてみてくださいね。

石井正久

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。