ブログ

寝苦しい夏の不眠②

8月も下旬に入り、暦の上ではもう秋を迎えています。

とは言えまだまだ暑さや湿度も厳しいものがあります。

前回は汗をかかないことによって身体の内側に

熱がこもるタイプの不眠について書きました。

 

それとは逆に、夏には汗をかいてエネルギーを消耗したことによって

起こる不眠もあります。

東洋医学では五臓六腑という考えがあります。

人間の内側は5つの臓、それと表裏を成す6つの腑から

成り立っているという理論です。

五臓とは肝(かん)・心(しん)・脾(ひ)・肺(はい)・腎(じん)です。

夏にかく「汗」(夏に限ったものではありません)は

五臓のうちで心と関係が深いとされています。

 

この「心」の働きは、

①身体全体に血液を送りだす

②精神・情緒・意識・思考などをコントロールする

と言われています。

①に関しては、心(しん)を心臓と捉えると分かりやすく

②に関しては、心を訓読みすると「こころ」になるので

イメージしやすくなるかと思います。

 

汗を沢山かくと心のエネルギーが消耗されてしまいます。

エネルギーが消耗されると②の精神活動をコントロールする働きが十分にできなくなり、

不眠につながっていきます。

十分な睡眠がとれないと心のエネルギーが補充できないので、

更に不眠につながるという負の循環が起こってしまいます。

 

また、五臓では心から脾へとエネルギーを送る関係を持っています。

(脾は消化器系のような役割を持っています)

心がエネルギー不足になると、脾に送るエネルギーも少なくなるので、

脾もエネルギー不足になります。

夏の終わり(長夏)は脾と関係が深い時期でもあります。

脾が弱ると食べ物からエネルギーへの変換がうまくいかなくなるので、

身体のエネルギー不足の解消が難しくなります。

 

こうしたことから夏に汗をかいたことで起こった不眠は

「心」と「脾」の両方が弱った状態なので、

両方ともに補う必要があります。

生薬では竜眼肉や当帰、酸棗仁、遠志などで心を補います。

人参・黄耆・甘草などで脾を補います。

 

夏の疲れを秋に持ち越さない為にも、

しっかりと質の良い睡眠を摂るようにしましょう。