ブログ

清肺排毒湯は新型コロナウイルスに効くの?

こんにちは。石井です。
新型コロナウイルスの影響が色々なところに出ていますね。
僕は今日は休日でしたが、
これだけ騒がれていると、ちょっと外出避けようかなって気になりますね。
人が密集しそうなところを避けよう避けようと考えると
行くところがなくなるなって実感しました。
結局家にずっといた休日でしたが、
たまにはこんな休日も良いもんだと新発見できたので、
逆に良かったのかもしれません笑

清肺排毒湯とは

中国国家衛生健康委員会が新型コロナウイルスによる肺炎に対して
『清肺排毒湯』なる処方を公表しました。
その組成は以下の通り。
麻黄9g 炙甘草6g 杏仁9g 石膏15-30g
桂枝9g 沢瀉9g 猪苓9g 白朮9g 茯苓15g
柴胡16g 黄芩6g 半夏9g 生姜9g
紫苑9g 款冬花9g 射干9g 細辛6g
山薬12g 枳実6g 陳皮6g 藿香9g

この処方は、「麻杏甘石湯」「射干麻黄湯」「五苓散」「小柴胡湯」
これらの処方をベースとして作られています。
それそれの処方を見てみると、
麻杏甘石湯(傷寒論)
肺に熱をもった咳に使用する処方です。
組成:麻黄、杏仁、石膏、炙甘草

射干麻黄湯(金匱要略)
咳をして、呼吸困難があり、鶏が鳴くように喉がゴロゴロ音がするときに使用する処方です。
組成:射干、麻黄、生姜、細辛、紫苑、款冬花、五味子、大棗、半夏

五苓散(傷寒論)
身体の水の偏在を整える処方です。
組成:猪苓、沢瀉、白朮、茯苓、桂枝

小柴胡湯(傷寒論)
病が内臓に及んで、食欲不振、発熱、吐き気、お腹の張りなどが伴う時に使用する処方です。
組成:柴胡、黄芩、人参、半夏、炙甘草、生姜、大棗

これを見比べてみると、
麻黄、炙甘草、杏仁、石膏→麻杏甘石湯
桂枝、沢瀉、猪苓、白朮、茯苓→五苓散
柴胡、黄芩、半夏、生姜→小柴胡湯去人参大棗
紫苑、款冬花、射干、細辛→射干麻黄湯去五味子大棗
これに山薬、枳実、陳皮、藿香が加味されています。
肺を潤す生薬、余分な湿を除く生薬、咳に対する生薬が多いですね。
これを見ていると新型コロナウイルスの肺炎の状態とか、
何を意図して組み合わされた処方なのかが何となく見えてくる気がします。

新型コロナウイルスの特効薬ではない

清肺排毒湯について何件かお問い合わせもいただいています。
僕は実際に新型肺炎の患者さんの状態を見たことがないですし、
清肺排毒湯を使用したこともないです。
なので、清肺排毒湯に対する踏み込んだ質問をいただいても、
「よく分からない」が実際のところです。
ただ、これだけは言えます。
決して新型コロナウイルスの特効薬ではないということ。
新型コロナウイルスだから清肺排毒湯ではないということ。
新型コロナウイルスに感染した際に、症状が肺炎に移行することが多く、
その肺炎に対しての漢方処方です。
清肺排毒湯の通知にも、
症状が消失したら服用を止めるように指示が出ています。
症状がなくなったら服用する必要がないもの。
つまり症状が出ていない時の予防にも使えないということです。
何だか清肺排毒湯という処方だけが一人歩きしているようにも感じます。

五苓散、小柴胡湯、麻杏甘石湯を同時に服用するのも
僕としてはおススメしません。
確かにエキス顆粒を組み合わせれば近い組成にはなります。
ただ、射干麻黄湯はエキス顆粒がないし、
麻黄湯とは組成が全然異なる処方です。
あっ、間違っても射干麻黄湯の代わりに麻黄湯使わないでくださいね。
そして、エキス顆粒を何種類も同時に服用すると、
重なってしまう生薬が出てきます。
これは副作用のリスクも高まります。
組み合わせると何となく組成が近い漢方が出来上がりますが、
全然違う漢方です。
服用のタイミングが異なれば効かない、
もしくは身体に負担がかかるということも十分あり得るので、
自己判断で漢方を組み合わせて服用するのはやめた方がいいです。

僕がお伝えしたいことをまとめると、
・清肺排毒湯は新型コロナウイルスをやっつける漢方ではない
・何も症状がない方が服用しても、予防にはならない
・陽性反応が出たとしても、全ての方に使用する漢方ではない
・自己判断でエキス顆粒を組み合わせて服用するのは危険

新型コロナウイルスの初期症状は発熱と呼吸器症状が出やすいようです。
症状が気になったら医療機関を受診しましょう。
今のところ特効薬はなくても、それが最優先です。
その上で症状が気になる時に漢方でお手伝いできることがあるかもしれません。
その時はちゃんと漢方の専門家に相談してくださいね。

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。