ブログ

イスクラ板藍のど飴が出荷再開します

こんにちは。石井です。
2月下旬より出荷停止になっていました、
『イスクラ板藍のど飴』
この出荷が再開するとの連絡がありました。
出荷再開は3月下旬になるのではないか...
とも言われていた中で、予定よりも早い再開。
本当にありがたい限りです。

イスクラ板藍のど飴とは...
アブラナ科のホソバタイセイの根っこ
板藍根(ばんらんこん)を使用したのど飴です。
中国ではうがい薬として使われる生薬。
熱を冷まして解毒する作用があります。
こんな板藍根が配合されているので、
のどに炎症があったり、痛みが伴うような時に舐めるとスッキリします。
花粉症でのどがイガイガする...こんな方にも喜ばれます。
生薬が入った飴ですが、レモングラスも配合されているので、
想像するよりずっと不味くないです。
いや、美味しいです!!

TwitterなどSNSで人気が広がって、愛用されている方が沢山います。
のど飴なので、毎年インフルエンザが流行りやすい冬場や、
花粉症でのどがイガイガしやすい春先などに使われる方が多かったのですが、
今年は新型コロナウイルスの騒動が合い重なった為なのか、
例年以上にお求めになる方がホント多いです。
それだけ需要がある、
そして供給が追い付かない、
そうなると出てくるのが...転売。

いやいやいやいやいや、
板藍のど飴こんなに高くないから。
12粒389円 80粒1944円
これが定価だから!!!

マスクやトイレットペーパーと同じですね。
いや、もちろん転売自体は法律に触れている訳でもないのですが、
転売目的で大量に買われちゃうと、
本当に必要な人に届かなくなる。
本当に必要な方が定価で買うことができなくる。
普段から板藍のど飴をおススメしたり、
その良さを伝えている者としては、
もどかしいし、歯がゆいし、ホント悲しい。
だけど、ないモノはない...

だから今回の出荷が早まってくれたことはホントに嬉しいです。
板藍のど飴を心待ちにして下さる方、
もうすぐ出荷されますので、
ネットで高値で転売されているモノを買わなくて大丈夫ですよ。
ちょとずつですが入荷しますので、
いつも買っている店に在庫状況を聞いてみて下さいね。
お近くの正規取扱店はこちらから検索を→日本中医薬研究会HP

『うばい合えば足らぬ わけ合えばあまる』
相田みつをさんの言葉です。
マスクも板藍のど飴もまずは必要な分だけを。
みんなで分け合えば、ちゃんと届きますよ。

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。