ブログ

漢方は美味しいほどよく効く!?

漢方は美味しく感じると身体に合う。
これは身体が求めていると考えます。
だから美味しく感じると効きは良い傾向にあります。
でも「美味しい=絶対に効く」という訳でもありません。

こんにちは。石井です。
漢方は美味しく感じると身体に合っている。
こんなことを言われます。
本日、新規の漢方相談に見えた女性。
服用していただく漢方の匂いと味を見ていただきました。
僕的にはちょっと飲みにくい漢方。
大丈夫かな?と心配しましたが、
「美味しい!!!」
返ってきたのは予想に反した感想。
もちろん味の感じ方なので個人差があります。
ただ、漢方=不味いとか苦い訳ではなく、
美味しいと感じることもあります。

例えば、風邪のひきはじめによく使われる葛根湯。
僕もゾクゾクと寒気がして、汗をかいていない時には使います。
でも元気な時にも飲んだでみたりします。
すると全く同じ漢方なのに味が全然違うんです。
元気な時に飲むと麻黄の渋さが際立って感じられたり、
甘草の甘さがちょっとしつこく感じたり...
でも風邪のひき始めに飲む葛根湯は抵抗なく飲めます。
時には美味しいと感じることも。
同じ漢方でも身体の状態によって味の感じ方が変わるんです。

漢方を服用する上で「味」は大切な要素です。
身体に合っていると美味しいと感じることは多いです。
身体が求めていると言ってもいいかもしれません。
逆に飲めないほど不味く感じる時は、
身体が求めていないサインです。

もちろん味だけで全てが決まる訳ではありません。
美味しくは感じるけど思ったような効果が出ない時もあるし、
不味いけどよく効くということもあります。
でも、もし美味しいと感じたら身体に合っているかもしれません。
身体が求めている漢方かもしれません。

あと大切なのか効果を確認すること。
美味しくても不味くてもちゃんと効果が出ているのかどうか。
ここをちゃんと確認してくださいね。

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。