ブログ

「身体に良い」を情報だけで判断しないで

身体に良いと言われる食べ物でも
万人の身体に合うものはありません。
すごく評判が良い漢方でも
万人の身体に合うものはありません。
情報だけで判断しないで、
自分の身体に正直になる。
これが大切。

こんにちは。石井です。
最近、漢方相談の中で、こんな声がありました。
「ジャスミン茶は凄く苦手だけど、ストレスに良いと聞いたので我慢して飲んでいます」

ジャスミン茶だけでなく、身体に良いと言われる食べ物は沢山あります。
でも「身体に良い」ってなんでしょうか?
栄養素が豊富だとか、良質な油を含んでいるとか
身体を温める、熱を冷ます、血を補う、気を巡らす、水分代謝を整えるなど、
その食材がもつ働きを指すことも多いと思います。
でも熱の症状がある人が温める食材を取ったら悪化しちゃうし、
冷え性の人が冷ます食材とればより冷えます。

「身体に合う」「身体が求めている」
身体に良いってこの基準も大切なんだと思います。

特にストレスに良いというものなら、
その味や香りが自分に合っているかは凄く大切。
だって、凄く苦手で不味いと思うものってそれだけでストレスになりません?
ストレス対策がストレスになったら本末転倒じゃないですか?
自分が好きな味や香りを楽しんだ方がストレス解消になりますよね。

身体に良いという情報だけで、
食べている食材、やっている養生法が
実は自分の身体が求めていないかもしれません。
・自分の口に合っているか
・それ自体がストレスになっていないか
栄養素や食性などの情報は大切。
でもこれだけで判断しないで、
自分の身体が求めているのか、欲しているのか、
あなたの身体のためにも、ここも気にしてあげてくださいね。

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。