ブログ

漢方研究会 Lab.collage に参加してきました

2月27日(日)は代官山にて

漢方研究会 Lab,collage(コラージュ)に参加してきました(^^)/

研究会が開催されるkampo office collageの店内は

先生がセレクトされた絵画や写真などのアートが飾られています。

一見、漢方薬局と思えないほどオシャレです。

 

 

さて、今回の研究会の課題は以下の内容でした。

①年齢と陰陽の関係における適正方剤(生薬)について

②張景岳 景岳全書「不寝」における

  「陽中の陰を求む、陰中の陽を求む」の意味について

③傷寒論15条「上衝」における桂枝の役割について

また、現在の漢方の考え方では、

理論がブラックボックス化されている(理論が不透明になっている)部分に対して

それを可視化する(きちんと理論づける)ために、

血虚や陰虚・水飲内停などの考え方についても勉強しました。

後半には、埼玉にある漢方専門薬局「博濟」にお勤めの

梁(やん)先生による眩暈(めまい)の弁証論治の講義がありました。

非常に分かりやすくまとめられた内容で、大変勉強になりました。

 

現在ある漢方の勉強会や研究会の中には、「こういう理論なのでこうなるはずだ」といった

理論を学ぶためのものが多くあります。

しかし、この漢方研究会collageでは、

「こういう理論はあるが、実際の臨床(患者さん)ではこういう結果なのだから、

 こう考えていこう」

といったように、答えを実際の臨床(患者さん)に求めていきます。

常に臨床を意識していて、実践力を養う為の研究会です。

 

こうして勉強してきた内容を、

小谷薬局に来て頂く患者さんの為にきちんと活かせるように

小谷薬局の漢方の知識も常にアップデートを繰り返しています(^^)/

前橋で漢方相談できるところをお探しでしたら、

是非お気軽にお立ち寄りください。

 

前橋の漢方 小谷薬局