症例紹介

頭痛 症例

梅雨入りしたのが嘘の様な晴天の前橋です。

青空は気持ちいいものですが、今年の梅雨が空梅雨にならないか心配です。

一方では、沖縄は記録的な大雨に見舞われ、AKB総選挙イベントも中止が決まったようです。

天候はコントロールできませんが、日本全国バランスよく雨が降ってほしいと切に願います。

 


さて、今回は頭痛の症例をご紹介いたします。

40代 女性 前橋市在住

10年以上前から後頭部に締め付けられるような頭痛が続いている。

MRIなどの精密検査もしたが、異常は見られない。

原因が分からないので、痛みに対する治療は痛み止めの服用のみ。

様々な種類の市販の痛み止めを服用したが、顕著に効果を実感できるものはなかった。

痛み止めはほぼ毎日のように服用している。

このまま痛み止めを飲み続けても根本解決にはならないこと、

痛み止めの長期連用により身体への悪影響が起こること、

以上を心配され、漢方で改善したいと来店されました。

 

漢方では「不通則痛」という痛みの考えがあります。

通っていない(滞っている)ところに痛みが現れるという意味です。

お話をじっくりとお伺いし、舌・脈の状態を見させて頂きました。

その上で、気・血・水のどれに滞りがあるのかを考えていきました。

また、頭部周辺で何が起こって痛みにつながっているのかということを

漢方の観点から考えていきました。

今回の頭痛では、頭部の気滞(気の滞り)と血瘀(血の滞り)を考え、

7日~14日の間隔で様子をお聞きしながら漢方を服用して頂きました。

最初に来店されてから1カ月の間で痛み止めを服用した回数が10回以下まで減りました。

現在はまだ続いている頭痛の痛みの大きさを小さくするために

漢方を継続して服用して頂いています。

 

梅雨時は気象病を伴う頭痛・片頭痛などで悩まれる方が多くなります。

漢方で痛み止めからの卒業のお手伝いいたします(^^)/

 

前橋の漢方専科 小谷薬局