ブログ

1月7日は人日の節句 人を大切に

石井です。
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、本日1月7日は五節句のうちの一つ、人日(じんじつ)の節句です。
日本には1年間に5つの節句があり、
それを総称して五節句と言います。

五節句は以下の通りです。

1月7日 人日の節句
3月3日 桃の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕の節句
9月9日 重陽の節句

数字のゾロ目の日ならば1月は1月1日になるはずですが、
1月1日は元日であり、1年が始まる日なので、
1日は避けて7日になったとされています。

また、古代中国では1月の始めの数日をそれぞれ動物の日と定め、
その日はその動物を大切していたとされています。
具体的には、1日鶏、2日犬、3日羊、4日猪、5日牛、6日馬、そして7日人というものです。
諸説はあるようですが、こういった考えから
1月の節句は1日ではなく7日に制定されたようです。

人日の節句には人を大切にするという意味が込められています。。
そこで人日の節句では邪気を祓い一年の無病息災を祈るようになりました。
それが七草粥の風習です。

七草粥を食べる理由は、
お正月に飲み食いし過ぎて為に疲れてしまった胃腸を休める為という
考えもあるようです。

七草とはせり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、
すずな(かぶ) 、すずしろ(大根)の7つです。
なかなか馴染みのない食材もありますが、
今ではスーパーなどで七草粥セットなども売られていますね。

どうしても七草粥が面倒・・・という方には
「七草爪(ななくさづめ)」がおススメです。
人日の節句は七草粥を食べる日と同時に、七草爪と言って一年で初めて爪を切る日でもあります。
この日に爪を切ると、邪気を払うことが出来て、
一年間風邪を引いたり病気になったりしないとされているようです。
本来は七草の煮汁に手足の指をつけて爪を柔らかくしてから切るそうですよ。

人日の節句は人を大切にする日。
まずは自分自身の身体を大切にするために
七草粥を召し上がる、七草爪で爪をきれいに切るなど
何か一つでも身体を労わってあげましょう(^^)

お読みいただきありがとうございます。
前橋の漢方 小谷薬局

The following two tabs change content below.
石井正久/マサ

石井正久/マサ

上毛電鉄「中央前橋駅」から徒歩1分にある小谷薬局の4代目です。 「漢方で改善できる症状を確実に良くしていく」をモットーに子宝・婦人病・気象病を中心に漢方カウンセリングをしています。オーダーメイドの煎じ漢方もやっています。薬剤師。ラグビー・筋トレ・甘いもの好き。