ブログ

冷えは万病のもと ~心陽虚編~

ここ数年、天災が多いように感じます。

今年だけでも、4月の大分・熊本地震、大型の台風の相次ぐ発生

そして今回の鳥取地震。

被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。

地球もバランスを崩しているのでしょうか?

人間も自然界の一部ではありますが、

災害には備えておきたいものです。

%e4%bf%9d%e5%ad%98%e9%a3%9f
小谷薬局では、防災備蓄食も扱っています。

一箱に大人一人が3日間、

十分な栄養とカロリーが摂れるだけの

非常食が入っています。

まだ、備蓄食の準備をされていない方は、

備えの一つとしてご活用ください。

一箱14580円(税込)です。

s__41549827

 

 

 

 

 

吹く風も冷たくなり、もうすっかり秋ですね。

冷え込みが厳しくなる前に冷え性・冷え症対策をしておきましょう。

今回は心陽虚からくる冷えについて書きます。

 

心は【しん】と読みます。

心は心臓の心であり、心(こころ)の心でもあります。

東洋医学では、心は血行(血脈)と情緒・感情(神明)を

コントロールしていると考えます。

この心のエネルギーが不足した状態が心気虚(しんききょ)

心気虚が進んで温めるチカラが不足した状態が心陽虚(しんようきょ)です。

 

心気虚の症状は・・・

元気がない・顔色が白い・動悸がする・胸苦しい・息切れがする

汗が出る・動くと症状が悪化する

心陽虚になると、心気虚の症状に加えて・・・

寒がる・手足が冷える・狭心痛など胸の痛み

といった症状が出てきます。

冷え+動悸・息切れ・胸の痛みなどがあったら、

心陽虚の可能性が考えられます。

 

胸の痛みを感じたら放っておかずに医療機関で検査をしましょう。

狭心症などの病気につながっている可能性もあります。

 

原因としては、

・生まれつきのエネルギー不足(体質)

・老化による臓腑の弱り

・慢性病などによる身体の消耗

などで起こることが多いです。

 

まずはあまり動き過ぎないようにして、

身体の体力を高めるようにしましょう。

痛みが伴っている場合は、

検査できちんと身体の状態を把握した上で

漢方薬を服用すると効果的です。

漢方薬では、心のエネルギーを補いながら温める処方を用います。

身体のバランスを整えると、

痛みなども含めて症状が回復に向かいます。

 

寒くなってから冷えに対処しようと思っても、

なかなかうまくいかない場合もあります。

今のうちからしっかりと冷え対策をしておきましょう。

備えあれば憂いなし!

 

群馬・前橋を漢方で元気にする

漢方相談・健康相談・子宝相談・冷え性相談

前橋の漢方 小谷薬局